毎日食べたい健康食材!

今までは食事に対して関心がなく、食べたいときに食べたいものを食べたいだけ食べるという、野性的な生活をしてきました。ところが30歳を目前にしたある日、体重が増えていることに気付きました。しかしそれだけでは食生活の改善をしよう!ダイエットをしよう!とはなりませんでした。そして体重が増えたことも気にせず何の対策もしないまま30歳を迎えたのです。

あれ!?ズボンにおなかのお肉がポヨンと乗っかっている!!なんで!?そんなはずない!!!

当然です。運動もせず好きなだけ食べていました。もともと小食だったので量は少なかったのですが、パンやお菓子、フライドポテトやカップ麺などカロリーが高く栄養価の低いものばかり食べていました。夜中のカップ麺や菓子パンのおいしさと言ったらたまりません。そんな生活の成果がお腹に表れていました。

私は慌ててダイエットについて調べました。世間にはいろいろなダイエットに関する情報がありますが、どれか一つの方法に偏らずに良い所取りをするのがいいと考えています。単一の食品だけを取ったり炭水化物を完全に抜いてしまうというのは、健康面から考えても習慣づけの面から考えてもデメリットが多く、体調を崩したり長続きせずリバウンドをしてしまう原因となります。

健康的な食事は痩せれば終わりではなく、継続してこそ意味があります。そこで簡単に毎日続けられるものを紹介します。

さつまいも

白米やパンは代表的な炭水化物で主食として毎日食べていますが、カロリーが高く栄養価の少ない食品です。さつまいもにも炭水化物が含まれていますが、栄養価が高く食物繊維も豊富で腸内環境を整える効果があります。炭水化物をすべてさつまいもにするのではなく、白米やパンの摂取量を減らしてさつまいもを食べるというのが良いでしょう。

卵はたんぱく質が豊富で栄養価も高く、なんといっても手軽です。ゆで卵や卵焼き、卵とじやオムレツなど調理方法や味付けを変えれば毎日食べても飽きません。鶏むね肉や魚類もたんぱく質としては優秀ですが、手軽さでは卵に勝てるものはないと思います。

ただし卵にアレルギーのある方は無理せず、他のたんぱく質を選んでください。我が家では子供が卵アレルギーだったので、症状が軽くなってきた最近までは卵を買うことすらありませんでした。卵を食べなくても他の食品でたんぱく質を摂取すれば健康に生活することができます。

野菜

野菜と一括りにしてしまいましたが、中でもおすすめなのは、ほうれん草・ブロッコリー・キャベツ・大根・人参・かぼちゃです。栄養価や手に入りやすさ、調理方法の多さなど様々な面から見て毎日の食事に利用しやすく効果的な野菜です。ブロッコリーやほうれん草は冷凍食品のコーナーにもあり、常備しておいて好きただけ使うことができて便利です。含まれる成分は野菜によって異なるので、バランスよくいろいろ食べましょう。

ブルーベリー

デザートやおやつとしてフルーツを食べましょう。ダイエットが我慢ばかりで辛いときは甘いものを食べていいと思います。フルーツなら好きなものでいいですがおすすめはブルーベリーです。健康効果もあり、冷凍のブルーベリーは季節を問わずどのスーパーでも取り扱いがあると思います。器に入れて少し置いておけば程よく溶けてブルーベリーの優しい甘さでいくらでも食べられます。毎日30gほど食べるとよいでしょう。

オリーブオイル

オリーブオイルは地中海ダイエットなどでも使われています。サラダ油などよりは高価ですが、毎日使ってもすぐになくなるようなものではないので、少し高めのオリーブオイルを選ぶことをお勧めします。

さいごに

以上に紹介したのは私が普段食べるように心がけているものです。一番大事なのは続けることなので、手軽で無理のない範囲のものを選んでいます。例えば私はトマトが嫌いなのですが、もしもトマトがこの世で一番健康でダイエットに効果的な食品だと言われても、何度か無理をして食べたとしても継続していくことは無理です。絶対に無理です。毎日でも食べられるような食品で楽しく健康になりましょう。

コメント